アップストアで落ちないiPhone7sアプリ

subpage01

iPhone7sやipadで動作するアプリはすべてアップストアからのダウンロードとなります。

純正環境でのみアプリが得られるとあってセキュリティにおいても安心感が違うと言われています。iPhone7sアプリはXcodeなどの純正開発環境の他にサードパーティ製の開発環境も多数あるのですが、どの開発環境を使う場合でもアップルのライブラリにてビルドされていれば平等に審査され、アップストアに掲載されます。

iPhone7sアプリでアップストアの審査に落ちないようにするための条件がいくつかあります。


1つは動作がしっかりしていることです。

審査では徹底的に動作確認が行なわれます。そのため、バグやフリーズなどがおきればすぐに症状とともに通達されます。

2つ目は広告用のSDKです。
アップルはこれまで広告のうち、詐欺的な広告などは率先してみつけ、削除等の処理をすることが多かったようですが、現在ではSDKの段階からチェックすることで広告業界に適正な広告を要望しています。



また、ファイル容量もチェックされます。

役立つOKWaveの情報をあなたにご紹介いたします。

iPhone7sアプリでは起動後に足りないファイルをダウンロードしようとするアプリもありますが、あまりに頻繁に行なうと審査で指摘を受けることも多いようです。


3つ目はアダルトや公序良俗に抵触するアプリです。



iPhone7sのアップストアではアダルト系のアプリがありません。